ここから先はダメ! です

 本ブログでは・・・。

 国際沖縄空手道・無想会の伝授する「武術として伝承された沖縄空手」と、「空手の形」の修行において、非常に重要な正確な情報を獲得方法を、一か月近く記してきました。

 その情報・インフォメーションの取り込み方も、「systemization(体系化する)」こと・・・。そして、「categorization(分類化)」すること・・・。

 さらには、「prioritization(物事の優先順位付けをする)」ことである。っと記しました。

 それらの「相互否定」を用いて、情報を「自家薬籠中のモノ」とする・・・。世界総本部道場で指導している際に使う「PERSONALIZATION」・・・。

 すなわち、一種の「カスタマイズ」するということです。

 っと延々と記してきました。

 でも・・・。

 これって、

   じつはまだ、修行に入っていない段階なんですよ!

 「アッチャーッ!。ナニを言っているだ」。

 「冗談は、お前の顔だけにしろ!」っと、筆者のわたくし・新垣清に、怒りをぶつけてくる読者の方々も居られるかと思います。

 でも・・・。

 これって、本当のことなのです。

 武術として伝承された沖縄空手とその形の、修行というものに真剣に向かい合う心算ならば・・・。本ブログで、

               いままで読んで来た、

        「情報」に関する本ブログによる内容は、

            すべて忘れてください。

 さらに、記しますが・・・。

 これ以後、あるいはここから先の修行は、

          弊会の弟子諸氏は、遣らないでください。

 なぜか?

 それはある一定の期間、社会生活と遮断されてしまうからです。

 ですからここからは、文字通り(一定期間の)死出の道なのです。

 弊会において、そんなバカなことをする人間は、わたくし一人で、タクサンです。

 っということは明確にしておいて、次に進んでいきます。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。