「術」から、「道」へ

 武術として伝承された沖縄空手の形に存在する、「横の演武線」の理念を理解し、

 それを、自分ながらに活用できる目安が立った、今・・・。

 そして、日本縦断セミナーを間近に控えた、今・・・。

 自分の頭に去来するのは、「術」から、「道」へという想いです。

 別に、言葉遊びでは無く・・・。これほどまでに明確に、形而下、すなわち身体において、時空を制御(コントロール)できる線、いわゆる経路、道筋というものを、形が保持しているならば・・・。

 当然のごとく、形而上における道筋というものも、すなわち「道」と呼べるものが、存在するはずでは無いか!?

 っと、今のわたくしは感じています。

 非常に、即物的な考えかもしれませんが・・・・・・。これはわたくしの心身の修行から沸いてきたものであり、当然の事ながら心身で得た感覚なので、自分自身にとっては確証にも近い感覚ではあるのです。

 俗にいえば『机上の空論』では無い! っとの気持ちがあります。

 ただ、まだ頭の中、あるいは胸の内を去来するだけで・・・。明確なものでは無く、さらに混沌というよりは、淡い想いという感覚です。

 わたくしは、現在の体育・体操化、そしてスポーツ化、またはエンターテインメント化された沖縄、日本本土の空手と、その形に疑問を抱き・・・。

 かつ、それを否定するほどの修行を自らに課してきて・・・。

 沖縄空手の形と、心身操作を、武術的に純化するまでは、行った心算です。

 しかし、今・・・。

 武術から、武道への回帰というのか・・・?

 または、昇華というものなのか・・・?

 それさえも、自分では、まだ分かっていませんが・・・。

 個人史的に、「道」というものの意味が、朧げながら分かってきた気もしています。 

「その歳になって、漸くか!?」 っと、自分でもあきれ果てる思いもありますが、武才の乏しい身・・・。これだけは、どうしようもありません。

 ただ、一体、ここからどのような過程(文字通り「道」です!)を辿るのか・・・。

 自分の人生ながら、皆目分かりませんが・・・。己ながら、興味のある課題ではあるな! っと思っています。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。