東京、大阪セミナー終了

 お蔭様で、国際沖縄空手道・無想会主催の、祝・令和元年記念、第17回・日本縦断セミナー’19、秋・初冬期の最初の二会場である、東京、大阪会場セミナーが、大成功裡に終了しました。

 ありがとうございます。

 残るは、沖縄セミナーのみです。

 まぁ~、セミナーの感想は後々述べることになるでしょうが・・・。

 今回のセミナーの主要課題である、「横の演武線の存在認知とその活用」に関しては、皆さん了解してくれ、かつ活用まで至ったかと思っています。

 この横の演武線の存在認知と活用は、重力の自由落下の存在認知と活用を表す、「仮想重心」の存在と、同程度の重要さを持つものです。

 武術として伝承された沖縄空手の形においては・・・、

 重力の存在認知と活用

 正中線の存在

 (縦、横、前後の)演武線の存在

 形の構造、機能、応用、様式の

 存在認知とその活用

 形の脈略(コンテクスト)の存在

 っなどなどと、現代の体育・体操化、スポーツ化、エンターテインメント化された空手の形とは、まったく異なるものです。

 それをセミナー参加者、特に弊会の弟子たちは、完全に理解したと思っています。

 残るは沖縄会場セミナーのみ、

 頑張ります。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。