ナイファンチには、形の原理・原則のすべてはあるのか?

 わたく・新垣清は、この150年の近代における空手の歴史において、ただ一人、そのような馬鹿ゲタことを思い付いた人間として、記録に残ることとなります。

 っと、記しました。

 ナイファンチの二段、三段において、移動させる足は、その何れかは、相手と自分の相対関係において(すなわち業)、出す技が異なってくるので(まぁ~当たり前)、その際に後ろに足を送る。

 すなわち、ナイファンチの形には・・・、後ろに交差する動作が、必要である!

 っとの、自分の再修業の結果で出てしまったのです。

 わたくしは、人には言えないほどの修行を、再修業の際に行った人間の心算です。

 なぜ、人には言えないか?

 言っても、分かってくれるはずが無いからです・・・。

 それは、さて置き・・・。

この、わたくしの修行における結論に対しは、わたくしは、一寸の疑問も抱きませんでした。

 すなわち基本原理、原理原則を徹底的に追及した修行において出た答えというものは、枝葉(現象)において僅かな違いは生ずれど、その原理原則は、揺るがないのだ!

っという確信です。

 そして、その後の昨今の修行において「横の演武線」の存在の認知と、それと同時に理解した、武術として伝承された沖縄空手においては、始まる場所と終る場所は、完全に一致するのだ!

っとの理念を理解した時に、わたくしが、ナイファンチの初段と二段、そして三段を続けた、いわゆるナイファンチ全伝は、完全にその原理原則に沿っているのだ! っということが証明されたのです。

 これは、ある意味、晴天の霹靂でした。

 だって・・・。足は完全に元に戻る! っという思惑で、ナイファンチ(全伝)を解明した訳ではないのですから・・・。

 しかし、まだ一つだけ・・・。

 武術として伝承された沖縄空手の原理原則に沿った業・技を、ナイファンチの形は完全に含有しているのか?

 っという疑問があります。

 それは・・・

 この稿、続きます。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。