空手の立ち方は、ナイファンチ立ちのみ・サンチン立ちや、猫足立ちはありません。

 ここで筆者・新垣清の責任として述べますが・・・。

 武術として伝承された沖縄空手には、現在行われている「サンチン立ち」や、「猫足立ち」は存在しません。

 重力の作用するこの地球上で、二本足直立歩行をする人類の効率の良い身体操作として、膝を内側に曲げる、さらに股関節を閉塞させる「サンチン立ち」や、「猫足立ち」は存在しません。

 これらの立ち方は、武術として伝承された沖縄空手に存在しないだけでは無く、他の身体操作(スポーツなど)にも存在しません。

 ですから・・・。このブログを読まれている諸氏も、空手の競技だけでは無く、他のスポーツでも、この「サンチン立ち」や「猫足立ち」で戦ったり、競技をしている場面を見る事は皆無なはずです。

 では、なぜ「サンチン立ち」や、「猫足立ち」は存在しないのか?

 なぜか?

 不効率だからです。

 すなわち、不・自然・・・。あるいは、非・自然だからです。

 ですからルール上で、これらの立ち方をしなければ競技が出来ない。すなわち、失格になるなどの場合を除いて、「サンチン立ち」や「猫足立ち」などの・・・。

それらの立ち方は、存在不可能ですし、現に存在していません。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。