観空・クーシャンク―の形・松村と北谷屋良の違い

 国際沖縄空手道無想会の、オンラインセミナーで今回主題になるのは・・・。

 クーシャンクー、そして観空とも呼称される首里手、いや、現代まで続く沖縄空手の形で最古であろう・・・形の、解説・伝授です。

 現在では主に、「北谷屋良(チャタンヤラ)」っと・・・。

 首里手系統、あるいは松村のクーシャンク―っと呼ばれるものがあります。

 首里系統のクーシャンクーが、後に日本本土に渡って、「観空」っと呼称されるようになった形です。

 動作がダイナミックであるが故に、スポーツ化、レクレーション化、あるいはエンターテインメン化した、この形なので・・・。

 「北谷屋良」っと、「首里・松村」のクーシャンク―、さらには「観空」には、大き差異があるかと思われていますが・・・。

 ぞの実、武術的に考察・解明してみると、「違いは、少ないのです!」っと言うか、「マッタク!」っと言って良いほどに、違いはありません。

 では違いは、どこなのか? 

ナニから、生まれたのか?

 それは、伝言ゲームによる、業・技の欠落、消滅。

 さらに、暗喩・脈絡を、理解して居なかったことによる、

誤解・曲解からの、解釈・伝承の結果にしか、過ぎません。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。