打撃系統の突き蹴りでは、形を形成するのは不可能

 国際沖縄空手道無想会の、オンラインセミナーの二日目の午前、第3講義目は「ナイファンチで極める首里手の身体操作」っというものです。

 エーっと! じつは、もうわたくしの記憶の中では、この第3講義と、その日の午後に行われた最終講義、すなわち第4講義目の「空手の歴史から考察する形の意義」っとが、ゴッチャになってしまっていますので、もう合わせて記していきましょうね!

 すなわち、空 手の形は使えない!

それと同時に、大部分の中国拳法の套路も、使えない! 

っと説明しました。

 なぜか?

 色々と理由があって、セミナーでは、それを一つ一つ丁寧に説明した心算ですが・・・(ゴメン! この辺、記憶がアヤフヤ)。

 究極的には・・・。

無理なんです!

打撃系統のみの業・技で、現行のような形を形成・創作すること自体が・・・!

っということに尽きます。

 すなわちこれは、このブログでジックリと腰を据えて、説明していきますが・・・。

 打撃系統の突き蹴りのみで、構成されていると思われている、空手の形では、空間の制覇が、不可能だからです。

これは、中国拳法の套路も同じです。

 この三次元の空間に、次の四次元の時間も入れて、時空の制覇としても良いでしょう(ウワーッ! ナンかカッコ良い響きですね)。

 っという所で、ブログではこれらの事柄は、次回に説明する予定です。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。