「自反而縮雖千萬人吾往矣」でも、まだダメだよ

自反而縮雖千萬人吾往矣

(みずから かえりみて なおくんば 千万人といえども われいかん)

という言葉があります。

 常に怯懦な心に苛まれるわたくしのような人間には、非常に耳の痛い言葉でもあります。

 しかし修行において、「己に逢えば、己を殺し」っということは、「自ら反りみて縮くんば」どころでは無く、「自ら反りみて、自ら(の全て)を否定しろ」っということであり・・・。

 ある意味、千万人に向かって往くことより、辛きことでもあるかもしれません。

 しかし、武術の修行はそれを要求しますし・・・。

 その要求を受け入れて進んで行く以外に、武術として伝承された沖縄空手の心身思想・操作、そしてその形を理解することは不可能です。

 でも・・・。 

 どんなにツライことでも、このブログで書く、あるいはこのブログを読む範囲のものであれば、お茶の子さいさいですので・・・。では、やってみましょう!


 無理なんです!

 寝技主体で、武術の要求する、実際の闘いで無傷で生き残ることは・・・。

無理なんです!

 素手の人間が闘うというのは、突き蹴りの打撃系統の業・技のみである! っという考えで形を理解し、修行してしまうと・・・。

 無理なんです!

 相手も打撃系統(のみ)の業・技で、自分を攻撃してきて、それを「受けて!」、自分が攻撃を返すっという考えで形を理解し、修行してしまうと・・・。

 無理なんです!

 自分を襲ってくる相手は、「四方八方」に存在し、その相手が順序正しく自分を襲ってくる! っという考えで形を理解し、修行してしまうと・・・。

 ですから、空手というものを、打撃系の突き蹴りのみであると誤解・曲解して、それを元に空手の形を理解して、修行して使えるようにするという行為自体が、

 無駄なんです!

 なぜなら・・・。

 打撃系統のみの業・技で、現行のような形を形成・創作すること自体が・・・!

無理だからです!


どうです?!

簡単でしょう!

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。