出来ないのは、アナタのせいでは無い

 前回のブログで、「空手の形には、『受け技』は無い」と記しました。

 現代の体育・体操、スポーツ、レクレーション、そしてエンターテインメン化された空手の形の中で、上・中・下の受け技と思わていたのは、ゼンゼン違う役割を果たす動作なのです。

 どうしてわかるのか?

 簡単です(って言っても、わたくしここまで到達するのに、50年以上かかりましたが・・・)!

 形には暗喩っという、この動作は、この意味を示します! っというものが必ず存在します。

 これは首里手、泊手、古流那覇手、新興那覇手の別を問いません。

 武術として伝承された沖縄空手の形、またはその流れを汲む形には、ゼッタイにこの暗喩が存在するのです。

 だから呼吸で身体を固め、膝を内側に向けて、骨盤を後傾して静歩行するという・・・。

 琉球王国時代に伝承された沖縄空手とは、それこそ真逆の心身操作をする新興那覇手でも、この暗喩の動作は共通に行わています。

 所詮、原型となった形は中国清朝時代の軍隊の、漢人部隊(緑旗営・緑営)の15の軍事教練の徒手格闘技からの流れなので、当たり前と言えば当たり前なのです。

 その暗喩の意味を理解すれば・・・、そして一度理解してしまえば、簡単なんです・・・今まで上・中・下への「受け技」であったと思われる動作は、ゼンゼン違うものだと理解出来ます。

 でも、近代化に即するために、空手は使える武術であることを止めました。

 その歴史的過程を理解せずに、武術の形への誤解・曲解が生まれてきました。

 その誤解・曲解の結果が、現代の空手であり、空手の形なのです。

 ですから、ここでハッキリしておきますが・・・、空手の形が、使え無い!形の中の業・技が、使えない!

それは、決してアナタの所為(せい)では、無いのです。

国際沖縄空手道 無想会 International Okinawa Karate-do Muso-kai

沖縄空手道・無想会は、会長・最高師範を務める新垣清によって1980年に米国・ユタ州で創設された、沖縄空手を修行する者たちの国際的な団体です。